【入園準備】お名前つけにおすすめ!便利アイテム【保育園・幼稚園】

こんにちは!moco(@moco_megane)です。

そろそろ保育園や幼稚園の入園準備の時期ですね。

長男は年度途中の入園で、しかも期待せずの合格だったので入園までの猶予はわずか2週間…!それはもうバタバタでした。

この記事では、面倒なお名前つけをなるべく楽に!そしてお安く済ませる方法をご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ!

子どもが保育園や幼稚園の入園を控えている人
名前付けを簡単に済ませたい人
なるべく長持ちする名前付けの方法を知りたい人

目次

実際に使った名前付け方法4パターン

マスキングテープ

用途 Tシャツ、トレーナー、ズボンなどの普段着・帽子などの小物

今や様々な場面で大活躍のマスキングテープ。なんと名前つけにも使えるんです!主に、直接名前を書きたくない普段着や小物類にはマステを利用しています。マステは100均のものでもOK!

大体8cmくらい(貼りたい部分の幅の2倍+貼りしろ1cmほど)に切り、油性ペンで名前を書きます。

こんな感じでタグに巻きつけるように貼ります。

私はマステが目立つよう、敢えて鮮やかなカラーのものを選んで使っています。

ポイントはここ!裏側でマステの貼り終わりをぴったり重ねます

ここがずれていると洗濯しているうちに水が入り、取れやすくなるので注意です。

私も最初は「マステって貼ってはがせるんだよね?すぐに取れちゃうんじゃないの?」と半信半疑でしたが…これが意外と取れないんです!

洗濯とともにヨレていくことはありますが、割としぶとく生き残っています(笑)

ただし、タグの材質によっては1回の洗濯で取れてしまうことも…

その場合は諦めて直書きしていますが、長男の持ち物で言うなら全体の5%程度かなという感じです。

mocoのアイコン画像moco

「これは無理かも?」というものでも、まずは一度試してみることをおすすめします!

お名前はんこ

用途 オムツ

mocoのアイコン画像moco
お名前はんこって必要?どれくらい使うの?

これは本当に人によって使う頻度や場面がかなり異なるアイテムだと思います。

私の場合はオムツだけでした。

というわけであまり高価なものやいろいろなサイズが揃っているのものはもったいないなと思い、これまたセリアでゲットしたものをしぶとく使っています(笑)

写真にうつっているものは

  • お名前スタンプ(大)
  • お名前スタンプ(特大)
  • スタンプホルダー(特大用)

の3点。これが各108円(当時の価格)でした。

使い方と押した時のサイズ感

使いたい文字をハサミなどで切り取り、スタンプホルダーの先端にセット。そしてホルダー同士をつなげるだけでスタンプが完成です!

写真のように一列でも使えますし、二段組み(名字と名前を改行するなど)にもできて、100均としては十分なクオリティです。

実際に押してみたのがこちら。

お名前スタンプ(特大)オムツ(グーン・ビッグサイズ)に押しています。

印影は6文字の名前でヨコ45mm*タテ6mmほどです。

※本当は長男の名前で押してあるのですが、それを画像加工ソフトで消して上からほぼ同じサイズの文字を載せています。というわけで書体は実際のものと異なりますのでご注意ください!

スタンプ台はベストセラーのこれがおすすめ!

スタンプ台も同じくセリアで購入したのですが、「布用」と書いてあるものを使ってもどうしても滲んでしまいました。

そんな中たどり着いたのがこちら「ステイズオン」です。

速乾性の油性スタンプ台でにじみ知らず!オムツの場合は押した直後に触っても全く手に付きません。最初に使った時はあまりの速乾性に感動すら覚えました…

この1年で1000回ほど押しましたが、かすれは見られずまだまだ使えそうです。

知る人ぞ知る人気アイテムなので、毎年2〜3月頃はネットでも売り切れが続出しています。定価は1つ700円ほどなので、なるべく早めにゲットしてくださいね!

ワッペン・テープ

用途 お昼寝布団

お昼寝用の布団は、先生から「なるべく大きく!敷いたときにも見える位置に名前を付けてください」との指示がありました。

というわけでマステではなくこちらを使うことに。同じくセリアで購入です。

アイロンワッペンなのでただアイロンを当てるだけでもくっつくのですが、耐久性が心配だったので「裁ほう上手」を使ってより強めに接着しています。

お陰様でこの1年で一度も剥がれたことがありません!

ネームタグ・ネームリボン

用途 バッグ、巾着

こちらはセリアで購入しました。すでに使用してありますが、3つセットだったと思います。

保育園バッグの取っ手や巾着のヒモ部分につけるのにとっても便利!

PVC素材なので水ににじまず、そのまま洗濯することができます。

プラスナップでの取り付けなので、何度でも再利用できるのも嬉しいポイント。

いろんな柄があるので、お子さんのお気に入りを一緒に選ぶのもいいですね。

直書き

用途 マステが剥がれてしまう衣服、お下がりにする予定のない衣服

最終手段です(笑)

肌着は洗濯の頻度が高く、すぐヨレヨレになってお下がりにもできないので、諦めて最初からタグに直書きしています。

まとめ

いかがでしたか?

我が家のお名前つけグッズ、かなり低予算ではないでしょうか(笑)

いちいち一つずつのアイテムに名前を付けるのはものすごく面倒ですが、「これでうちの子の名前が園で浸透していくんだな〜」と思うとなんとも嬉しいような誇らしいような気持ちにもなりました。

ぜひ楽しみながら入園グッズを揃えてくださいね!応援しています!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる